トップページ > どこにすれば良いのか

どこにすれば良いのか

離婚相談をする時に問題になるのが、どこに相談すれば良いのかということです。ただ離婚に関する相談をするだけなら、それこそ素人でもできます。しかしここで求められているのは、専門家の意見です。離婚相談が可能な専門家にはさまざまな種類があるので、まずはそれを把握することからはじめましょう。

事態がかなり進行していて、もはや円満解決を望むことができないという場合、弁護士に相談することになります。弁護士に相談できることは、慰謝料をどうするのか、相手が離婚に応じてくれない、浮気がばれて裁判を起こされてしまった場合等です。弁護士は基本的に相手との交渉を全て代行してくれるので、交渉ごとが苦手な方でも安心です。

離婚をする時の慰謝料として、土地や建物を取得する場合の手続きをどうすればよいのかは、司法書士に相談します。直接離婚するか否かという部分での相談はできませんが、離婚後のことを考えるならとても心強いので覚えておきましょう。

有利に離婚を進めたいと考えているのなら、行政書士に相談すると良いでしょう。離婚するとどうなるのかということや、離婚協議の内容が不当ではないのかということ、細かい役所手続きの代行、離婚協議書の作成等、行政書士にはさまざまな相談が可能です。

そして最後に離婚カウンセラーへの相談です。これこそが、多くの人が想像する離婚相談といって良いでしょう。離婚するかどうか考えているという方、離婚せずに済むにはどうすればよいのかと悩んでいる方、色々と話を聞いてもらいたいという時等、離婚カウンセラーはさまざまな離婚相談に乗ってくれるので、まずは離婚カウンセラーに相談してから方針を考えてみてはいかがでしょうか。

関連エントリー
離婚相談をしよう
どこにすれば良いのか
離婚相談の種類
離婚相談をする前に
後悔しない離婚を
男の離婚相談
離婚相談の必要性
相談時の注意点
口コミ情報を集めよう
例をチェックしてみよう
自分に正直なのがうらやましいです。